shoppingcart

忙しい人の強い味方!スピーディーで便利なお役立ちショッピング

日本人のライフスタイルには大きな変化が訪れています。

毎日とても忙しく、自炊の時間やしっかりと食材を選ぶ時間がないという人も多いのではないでしょうか。

そんな人の強い味方となるのが、さまざまなショッピングサービス。できる限りの手間と時間を省ける、忙しい人にはピッタリの役立つおすすめショッピングとはどのようなものなのでしょうか。

onlineshopping

食料品から生活用品まで揃うネットスーパー

ネットショッピングで食料品から日用雑貨まで購入することができるネットスーパーに熱い注目が集まっています。毎日の買い物といえば、仕事帰りにスーパーへ行き、重い買い物袋をぶら下げて家まで帰るということが当たり前でしたが、このネットスーパーを利用すれば、希望の日の希望の時間に、自宅まで専門業者が宅配してくれるという便利なサービス。

通常店舗で販売されている食材や日用雑貨などの他に、衣料品や医薬品なども取り扱っているところもあり、なんでも揃うことが魅力。ネット限定のセールや特売などもあり、とてもお得です。ネットスーパーを展開しているのは、このような企業があります。

  • イオン
  • イトーヨーカドー
  • 西友
  • ダイエー
  • 楽天など

全国展開や地域限定などの差がありますが、朝注文を行えば、その日のうちに配達してくれるため、急ぎで必要なものがある場合でも利用できます。

また到着に数日必要ではありますが、ローソンなどのコンビニでも、ネット宅配のサービスを行っており、自分の帰宅時間に合わせて自宅に届けてくれます。これらのネットスーパーを利用すれば、買い物に行く時間を省くことができます。

食材の配達サービス

調理が苦手だという人は、宅食サービスをおすすめします。一食分がセットされており、そのまま、もしくは温めるだけで食事の準備が完了します。数日分セットで冷凍パックされているタイプもあり、ご飯の準備だけしておけば、おかずに心配はありません。

栄養バランスや塩分、カロリーなどがきちんと計算されており、健康を考える人にはぴったりです。高齢者や妊婦など、体調などに合わせた選択もできるようになっており、とても便利で安心。人気の宅配なこのようなメーカーが挙げられます。

  • ウェルネスダイニング
  • ワタミ
  • わんまいる
  • 生協コープ
  • 美健倶楽部
  • 食宅便など

一人暮らしで、食材を買っても余らせてしまいダメにしてしまう人にはおすすめのサービスです。

新鮮野菜の詰め合わせ

栄養不足気味の人に共通して言えることは、圧倒的に摂取している野菜が少ないということ。野菜にはビタミンやミネラル、食物繊維など、さまざまな栄養素が豊富に含まれているため、積極的に摂取してほしい食材のひとつです。

厚生労働省では、1日に約350gの野菜を摂取することを推奨しています。そんな栄養豊富な野菜ですが、選ぶ際はその時期に旬なものを選ぶのがコツ。旬な野菜は市場に出回っているため値段も安価であり、旬ならではの栄養がとても豊富。野菜の栄養素を摂取するにはぴったりなのです。

ですがどのような野菜を選んだらいいのか分からないという人も多いことでしょう。そんな場合は、旬野菜の詰め合わせをおすすめします。この詰め合わせは、農家の方が朝採れの新鮮野菜をたっぷりと詰め込んだ野菜のセットのことで、まだ土が付いたままの野菜をぎっしりと詰め込んで配送してくれます。

セット内容は毎回違い、その日に採れた旬の野菜を良心価格で購入することができます。調理することが好きだという人は、このような旬な野菜を使った美味しい料理で、栄養不足を解消することもひとつの手です。

手作りキット

料理は嫌いではない、でも1人分だけ作るのは面倒だ、献立を考えるのが難しいなどという人にぴったりのアイテムが手作りのご飯キットです。必要な食材や調味料がセットになっており、献立メニューや味付けなどを考える必要がありません。

中には、すでにカットされた食材もあり、帰宅後最短10分から15分で食事ができることは、忙しい人にもピッタリのキットであると言えます。人気の手作りキットメーカーはこのようになっています。

  • オイシックス
  • らでぃっしゅぼーや
  • ヨシケイ
  • コープデリ
  • ローソンフレッシュ

すべてネットで注文が可能。時間がある時に注文しておけば、栄養バランスのとれた食事を用意することができます。

まとめ

温かく栄養バランスの整った食事をとりたい場合、ネット宅配を利用するととても便利です。1食分ずつセットにされており、帰宅後すぐに調理にとりかかれるという手間を省くためにはぴったりのキットがおすすめ。

栄養バランスのとれた食事をしたいけれど、献立に自信がないという人のサポートアイテムを上手に使って、栄養不足を解消しましょう。