hijitsuki

あなたは大丈夫?深刻化する栄養不足をチェック

健康を維持するためには、さまざまな要素が必要になってきます。その中でも毎日の食事は特に重要な課題。バランスの取れた栄養を摂取することは、国民病とも呼ばれる生活習慣病や命にかかわる深刻な病気を予防してくれます。

現代人はその栄養が十分に摂取できておらず、栄養不足に陥っている人も多いのだとか。十分な栄養が摂取できているのか、そして不足した場合、どのような症状が現れてしまうのでしょうか。

instantnoodle

栄養不足の現代人

毎日の食事メニュー、あなたは自信がありますか?さまざまな食材が溢れかえる日本でありながら、栄養が不足しているというデータがあります。厚生労働省が調査した結果、肥満、そして肥満気味の人の割合が増えているとのこと。栄養が不足気味にもかかわらず肥満の人が増加してしまう理由、それは栄養のバランスが良くないということが挙げられます。

食事はきちんと食べているにも関わらず栄養が不足してしまうことを、現代型の栄養失調と言われています。摂取カロリーは十分過ぎるほど摂取していますが、栄養が偏り、必要な栄養素が摂れていないため肥満傾向に陥りやすいのです。

例えば糖質。糖質は主に米や小麦粉などの主食に含まれる栄養素で、タンパク質や脂質と並び、三大栄養素のひとつです。糖質、タンパク質、脂質の三大栄養素にビタミン、ミネラル、食物繊維を加えた六大栄養素をバランス良く摂ることが、いつまでも若々しく、健康な体を維持するコツであると言われています。

ですが、糖質は摂取し過ぎると肥満の原因になったり、また糖化しやすい体を作り、老化を促進させてしまう栄養素でもあります。そのため、偏ることなくどのような栄養素もまんべんなく摂取する必要があるのです。現代人は糖質や脂質に比べ、ビタミンやミネラル、食物繊維、そして圧倒的にタンパク質が不足していると言われています。

栄養不足になりやすいかどうかチェックしてみよう

栄養不足に陥りやすい現代人。栄養のバランスが崩れてしまうと、さまざまな悪影響を体に及ぼしてしまいます。その原因のひとつは毎日の生活習慣。生活習慣は、必要な栄養素がきちんと摂取できるのかどうか左右するとても重要な項目なのです。

自分の生活習慣にイマイチ自身がない、最近あまり食事に気を使っていないと心配になっている人、栄養素をしっかりと摂取できているのか、一度チェックしてみましょう。

  • 一人暮らしである
  • 自炊はほとんどしない
  • コンビニ弁当か外食が多い
  • 生野菜はほとんど食べない
  • 豆腐や納豆などの大豆製品が嫌い
  • ダイエット中である
  • 3食食べない
  • 肉や魚をあまり食べない
  • 丼物やうどん、パン類などの糖質が多いメニューが好きである
  • 毎日アルコールを飲む
  • 過度なスポーツや労働をしている
  • カップラーメンやレトルト食品などの加工食品が好きである
  • きのこ類や海藻類は食べない

これらの生活習慣や食習慣のうち、いくつ当てはまる項目があったでしょうか?これらは項目にチェックが多ければ多いほど、栄養不足に陥りやすくなってしまいます。チェック項目が多い人は注意しなければなりません。これらの生活習慣や食習慣を続けたことで、栄養不足になってしまうと、このような症状が現れる場合があります。

  • 体重が減少する
  • 風邪を引きやすくなった
  • 疲労感が抜けない
  • 爪や髪が痛みやすくなった
  • 肌荒れしやすくなった
  • 貧血がひどくなった
  • 運動能力の減少
  • イライラしてしまう
  • 頭痛がひどい
  • 食欲の減少
  • ちょっとしたケガがなかなか治らない

これらの症状に身に覚えがないでしょうか。自分に当てはまる項目が多いほど、すでに栄養不足に陥っている危険性が高くなります。このような症状が現れた場合、すぐに生活習慣や食習慣の見直しを行うことをおすすめします。

栄養不足によって引き起こす病気

栄養失調症

戦時中など食料が不足するような時代には良くあった病気であり、その名の通り、栄養が不足することによってさまざまな症状を引き起こします。

軽度の場合はバランスのいい食事を心がければ改善に向かいますが、重症化するとむくみや下痢などの症状が現れるため、医師の指導の下、消化のいい食事を少量ずつ摂取することから始めなければいけません。

鉄欠乏性貧血

鉄が不足することによって起こる病気で、ふらつきやめまい、息切れ、疲労感が頭痛が伴います。血液中の赤血球やヘモグロビンがうまく機能しないことが原因。毎月月経のある女性は特になりやすい病気です。

動脈硬化

動脈硬化とは、血管がしなやかさを失い硬くなったり、コレステロールや中性脂肪がこびりつき、血液の流れが悪くなってしまう病気です。動脈硬化は命の危険がある病気に発展する恐れがあるため、注意しなければならない症状のひとつです。タンパク質不足が動脈硬化を早めてしまうと言われています。

骨粗しょう症

骨からカルシウムが溶け出し、骨がもろくなってしまう病気。カルシウムだけではなく、さまざまな栄養素の働きが重要になります。ホルモンの関係上、女性がなりやすい病気です。

まとめ

現代人の食生活は昔と比べ、随分と変化してきました。日本人が昔から伝統的に慣れ親しんできた一汁三菜のセオリーは、ほぼ崩れてしまったといってもいいでしょう。一人暮らしや核家族化が進み、あまり家で食事をしない人も。

そのせいか、お腹は十分に満たしているにも関わらず、必要な栄養素が不足しているという人が増加しています。十分に栄養素を摂取できないと、さまざまな病気や体の不調を引き起こしてしまうため、注意が必要です。