キラキラと輝く飴玉みたいなおはじき

ホーム / 和風雑貨 / キラキラと輝く飴玉みたいなおはじき

さまざまな遊びが流行する現代でも、女の子なら一度は集めたことがあるおはじき。見た目のかわいらしさと美しさは、女の子の心を引き付けます。おはじきとはどのようにして日本に根付いたのでしょうか。

おはじき

昔ながらの女の子の遊び。見た目のかわいらしさも魅力

おはじきはその昔女の子の遊びとして、日本に古くから伝わってる遊び道具です。素材はガラスでできています。

最近でも遊んでいる子供は多く、あのきれいでかわいらしい、飴玉のようなフォルムも人気のひとつです。女の子が遊ぶことが多いのも、キラキラと輝くものに惹かれる女性の習性でしょうか。

では、おはじきはいつ、どのようにして生まれたのでしょうか。一説によると、おはじきは奈良時代大陸から伝わったと言われていますが、日本には貝殻や石などをおはじきのようにして遊ぶ遊びがすでに存在していました。そのため諸説あり、はっきりとした起源は明らかになっていません。

はじめは宮廷内で貴族などの位の高い人々の遊びでしたが、徐々に一般市民にも広がりを見せ、明治の終わりごろになると、現在のガラス製おはじきに定着したと言われています。

おはじきの遊び方とは

おはじきは、その名の通り指ではじいて遊びます。基本的な遊び方は、自分のおはじきを指ではじき、別のおはじきに当てます。その時、周りのおはじきに当たらないよう、ひとつのおはじきだけに命中させると、そのおはじきが自分のものになります。

これは基本的な遊び方ですが、おはじきにはさまざまな遊び方があります。

将棋崩しをおはじきで行ったり(音が鳴らないように)、手の甲に置いたおはじきを、手をくるりを返し握る遊び(何個握れるか)、また、サッカーゴールに見立て、おはじきがぶつからないようゴールをくぐれるかなど、おはじきの遊び方は多様です。自分で考えて編み出してもOK。

おはじきはきれいで飴玉のような外見をしているため、小さな子供は誤って口に入れてしまうこともあります。誤飲には気を付けるようにしましょう。