伝統を守りながら新しい時代を生きる女性の象徴である袴

ホーム / 和風雑貨 / 伝統を守りながら新しい時代を生きる女性の象徴である袴

着物の上から履くと特段に動きやすくなる袴。現在では、男性だけでなく大学の卒業式などで女子学生も多く身に着けるようになっています。

そもそも袴とはどのようにして生まれたのか、その意味や背景について見ていきましょう。

袴

袴はいつ生まれたのか。その歴史とはどのようなものか。

袴は和服の上に履く、幅広くヒダの入ったズボンのような履物のことです。時代劇などで武士が履いているイメージが強いため、男性のもののように思われがちですが、実は昔から女性も身に着けていた伝統衣装です。

袴の歴史を振り返ると、なんと古墳時代にまでさかのぼります。古墳時代に生まれた袴は、平安時代十二単衣となり、位の高い貴族の女性が身に着けるようになります。

貴族女性が引きずるように履いている、あれがそうです。その後形を変え、礼装として使用されるようになりました。

その後時代が移り変わり武士の時代になると、一部宮中の女性を除き、女性が袴を履くことを禁じられるようになります。

ハイカラさん

時代の移り変わりとともに、女性を取り巻く状況も変わってきます。明治時代には女子学生が袴を身に着けるようになります。

そのきっかけとなったのは、ある有名女学校が制服として採用したことに始まります。当時の袴は現在のものとは少し違いましたが、形は流れるように美しくありながら、着物とは比べものにならないくらい機能性が高く、非常に人気があったといいます。

そのスタイルは、ハイカラと呼ばれました。袴の色や履物にもこだわり、ブーツに大きなリボンは人気のコーディネートでした。当時の女学生はファッションリーダーでもあったのです。

それをきっかけに女学生たちが履きはじめ、現在も卒業式の定番スタイルとして残っています。

新時代をイキイキと駆け抜けた女性の象徴

袴は、伝統的なスタイルを保ちながらも、動きやすさなどの機能性を求め始めた、女性のライフスタイルの変化によって広まったものです。

女性が勉学に励み仕事をし、社会への関わりが増えている新しい時代に、袴は女性の生き方の変化によって身近なものになったファッションアイテムと言えます。