ご祝儀袋でよく見る水引の秘密

ホーム / 和風雑貨 / ご祝儀袋でよく見る水引の秘密

ご祝儀袋には赤白、不祝儀袋には黒白や銀などのリボンのようなものが付いています。それが水引と呼ばれるものです。水引にはどのような意味が込められているのでしょうか。

水引

結び方や色に心を込めて。水引と意味と文化

お祝い事の使用するご祝儀袋や、お葬式などの弔事などに使用する不祝儀袋などに付いているリボンのようなもの、それが水引です。

水引は紙で作られたもので、くるくるとこよりのようによった細い紙の糸を、数本編み込んでまとめあのような形になっています。私たち日本人は、普段からさまざまな色や形に作られた飾り物である水引を、なんの疑問もなく使っており、日々の生活の中に受け継がれた歴史や文化を感じます。

そもそも水引とはどうして生まれたのか、そしてどのような意味を持っているのでしょうか。

水引のはじまり

あのような独特な形をした水引が私たちの生活に取り入れられるようになったのはいったいいつ頃なのでしょうか。それは飛鳥時代、聖徳太子の時代であると考えられています。

水引の歴史は古く飛鳥の時代、聖徳太子の命を受け隋に渡った小野妹子が日本に帰る際、隋からの贈り物に「くれない」という麻を紅白に染め分けた紐状のものが掛けてあったと言われています。

これは帰路の平穏無事を祈願すると共に、贈り物が真心のこもった品物である事を表わしたと言われています。(伊予水引金封協同組合公式HPより引用)


水引はその後宗教的な行事に使用されるようになり、産業として発展していきました。

水引の種類と使い分け

水引にはさまざまな結び方や色があります。用途によってきちんと使い分けなければマナー違反となってしまいます。

慶事

  • 結び方・・・結び切り・あわじ結び・花結び
  • 色・・・紅白・金銀・赤金


弔事

  • 結び方・・・結び切り
  • 色・・・黒白・双銀・紫銀・黄白・青白


結び方にはさまざまな想いが込められており、花結びはすぐにほどくことができることから何度あってもいいこととして慶事に、あわじ結びは固く結ばれていることから慶事、特に結婚式に多く使われます。

結び切りは一回しか起こってほしくないことを意味するため、お葬式などの弔辞またはお見舞いなどに使われますが、赤白などに色を変えれば、一回だけという決意を込めて結婚式などにも使用できます。