なんでも包んでしまう便利アイテム風呂敷

ホーム / 和風雑貨 / なんでも包んでしまう便利アイテム風呂敷

最近では、外国人観光客のお土産物人気上位にランクインする風呂敷。和柄となんでも包んでしまうその便利さがとても人気です。

そんな風呂敷とはいったいどのようなアイテムなのでしょうか。

風呂敷

超便利アイテムである風呂敷の魅力

風呂敷と聞いて、私たちの頭に真っ先に思い浮かぶのが、唐草模様の風呂敷を担いだ泥棒の姿。風呂敷は何かを包むうえで、とても重要なものでした。

風呂敷が登場したのは奈良時代であると言われ、今現在と同じように、ものを包むために使われていました。

現在のように風呂敷という名前で呼ばれ始めたのは室町時代。熱くなってしまった浴槽に座る際に下に敷いたり、また、着ていた着物を他の人と間違えてしまわないよう、風呂敷で包んでいたことから、この名前で呼ばれ始めたと言われています。

江戸時代になり、銭湯が一般庶民にも浸透し始めると、風呂敷はさらに進化し、自分のものだと分かりやすいよう、風呂敷に紋を入れるなどの工夫が施されるようになりました。

そもそも風呂敷の「包む」という行為は、日本人にとても合っていると言えます。物を裸のまま渡すことなく、風呂敷に包んで渡すという行為に、人に対する気遣いつつましさを感じるのです。

風呂敷はさまざまな種類があり、色や柄、そしてその大きさまでラインナップ豊富に揃っています。最近では絹や綿だけでなく、ポリエステルやレーヨン素材の扱いやすい風呂敷も増え、用途に合わせ使いこなすと便利です。

なんでも包んでしまう多様な包み方を外国人観光客にもアピール

風呂敷はとにかくなんでも包むことができます。ご祝儀などの小さくて四角いものだけでなく、長細いもの、小さくバラバラなもの、瓶などの重いものなど、なんでもOKです。

風呂敷は外国人観光客のお土産としても人気のアイテムのためか、環境省が外国人向けの風呂敷の包み方を解説したものがあります。

これらをチェックして、さまざまな包み方をマスターするとさらに風呂敷を有意義に活用できそうです。