底知れない魅力を持つ扇子

ホーム / 和風雑貨 / 底知れない魅力を持つ扇子

扇子は暑い時に風を送るだけの道具ではなく、さまざまな意味を持つ奥の深い日本のアイテムです。

最近では普段からバッグの中に忍ばせている女性や、扇子を使ったパフォーマンスで会場を沸かせるアーティストなどもおり、扇子は身近なものになりつつあります。そんな扇子の魅力とはどのようなものなのでしょうか。

sensu

扇子の歴史と奥深さ

扇子は以外と身近なものであり、折りたたみのできる扇子は、団扇と違って持ち運びのできる納涼アイテムとして人気となっています。

ですが、扇子は風を送るだけの道具ではなく、その昔はさまざまな用途として使われ、多くの意味合いを持っているものでもあったのです。

扇子の歴史はとても深く、外国より伝えられていた団扇を折りたためるようにしたのが扇子のはじまりで、なんと平安時代にまでさかのぼると言われています。

現代のように、暑い時に仰ぐものではなく、多くの意味を持っていました。その多くは貴族や武士など位の高いものが持つものであったとされています。

  • 高貴な人物が顔を隠すため
  • 末広がりが縁起がいいとされ贈り物に
  • 武士の礼儀作法として

このようにさまざま使い方をされてきた扇子ですが、その想いは現代にも受け継がれています。

扇子の種類

扇子にはさまざまな種類がありますが、江戸扇子京扇子はその中心となっており、それぞれに違いがあります。

江戸扇子

  • 京で生まれた京扇子が江戸に渡って独自の発展を遂げたもの
  • 京扇子より折り幅広め
  • 華やかさよりシンプルさ
  • 一人の職人が最後まで作り上げる

京扇子

  • 京都扇子団扇商工協同組合に所属する企業が扱っている扇子のみ京扇子と認定
  • 折り幅せまめ
  • 江戸扇子より華やか
  • 各工程でそれぞれの職人が分業して作り上げる



また、京扇子の中にも、納涼のための夏扇子刺繍扇子、日本舞踊のための舞扇子、能楽用の仕舞扇子、飾りとしての飾り扇子、茶道のための茶扇子など多くの種類に分かれています。

扇子を使用する時は、それぞれの用途に合ったものを選ぶと使いやすいですね。絵柄もさまざまで、見ていて飽きない扇子の奥深さを感じます。