形を変えて活用する着物リメイク

ホーム / 和風雑貨 / 形を変えて活用する着物リメイク

着物は日本伝統の民族衣装として受け継がれてきたもので、最近では海外でもセレブ達が愛用して話題になっています。

そんな着物をリメイクしたアイテムが注目の的です。どのようなものがるのでしょうか。

wafuku

着物を手軽に身に着けるリメイクアイテム

着物は日本独自の伝統文化であり、時代により少しづつ形を変えながら、長い間受け継がれてきました。

日本独特の色彩感覚や柄など、海外でも注目を集め、数々のハイブランドが着物からインスパイアされたコレクションを発表するなど大変注目されています。

海外セレブたちも着物をガウンとして着用するなど、ファッションとして楽しんでいるようです。

そんな着物ですが、決して安価なものではなく、また着付けが難しい、時間がかかるなどの理由から、結婚式や成人式などの特別なイベント以外ではあまり着ることがなくなっていることも事実です。

ですが、その鮮やかで美しい着物を手軽に楽しみたいという人に、着物リメイクアイテムが人気のようです。

ワンピース

着物や帯などを使い、ワンピースやドレスにリメイクしたものです。海外の有名モデルや女優なども、このようなリメイクドレスを着用することも多くあります。

着物はとても華やかなので、ポイント使いとしての活用方法も人気です。

バッグ

布バッグなどに着物をリメイクします。着物を着用した時に持つとさらに似合います。

半纏

古くなった着物を活用し綿を詰めて冬用の半纏にします。最近は半纏は店で購入するものとなりましたが、昔はおばあちゃんの手作りということも珍しくありませんでした。

人形

着なくなった着物を処分する前に、思い出として小さな人形にリメイクすることも人気です。記念として常にそばに置いておくことができます。

このようなリメイク品の中には、自宅で手作りできるものも多々あるので、リメイク本なども多く発売されています。